地震大国である日本。1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震など、
大規模な地震がいつ発生してもおかしくない状況です。
また、震災時においての死亡原因の一番の要因は、自宅の建物倒壊による窒息死・圧死です。
つまり、住まいが震災に耐えられる能力を保持していれば、命が助かる確率は大幅に増えることは明白です。
建物はもちろん、大切なご家族の"命"を守るためにも、住まいの耐震性を今一度認識しておきましょう。

耐震工事のプロである私たちが、お客様の住まいを守るべく、最適なご提案をさせていただきます。
まずは現地調査をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

こんな時はご相談くださいPlease contact us in such a case

  • 2000年より以前に建てられた家にお住いの方
  • 10年以上、点検やリフォームを行っていない方
  • 中古住宅を購入した方
  • 過去に大掛かりな改築(リフォーム)を行った方
  • 地震が起こった時の為にしっかりと準備をしておきたい方 等

「ウチは大丈夫だろうか...」「一度、点検・調査してもらいたい」とお考えの方は、ぜひご相談ください。

工事内容Construction contents

基礎の補強

基礎にひび割れがあったり、無筋など構造的に地震に弱い造りである場合、地震の揺れで土台が基礎を踏み外し、倒壊してしまうおそれがあります。また、築年数の古い家であれば、基礎の建築基準が現行の基準を満たしていない可能性があり、強度不足により倒壊の危険性はさらに高まります。まずは耐震診断を行い基礎に問題がないかを確認しましょう。診断の結果から、最適な工法を用いて補強を行います。

接合部の補強

木造の家は、地震の揺れによって接合部が抜けたり外れたりすることで、大規模な倒壊や大破のおそれがあります。実際に、熊本地震で倒壊した家のほとんどは接合部に問題があり、筋かいが破壊されているものが多く見られたといわれています。また、2000年以前の建物は国が定める明確な金物の規定がなかったため、接合部については現行の建築基準法の新耐震基準を満たしていない可能性あります。地震に耐えることができるよう、適切な金物でしっかりとつなぎ合わせて固定することが大切です。

壁の補強

壁の補強とは、地震や暴風などにより横からの強い力が加わった際に、抵抗する力をつけることです。 家の中で壁の少ないところがあったり、部屋の間仕切りに襖や障子を多用していたりと、壁の耐久性が低い場合、倒壊するおそれが高まります。事前の耐震診断から補強の必要な箇所を割り出し、適切な施工を行います。

屋根の軽量化

地震で倒壊している家のほとんどが瓦屋根です。瓦は耐久性や耐火性に優れており、昔の家ではよく使われていますが、その重さから地震が起きると振り子のように大きく揺れて、建物の倒壊をまねく大きな原因となります。屋根を葺き替え、軽量化をはかることで耐震効果が高まります。

その他

地盤改善、床面補強、傷んだ部材の補強・交換 等

耐震診断いたします!Earthquake-resistant diagnosis will do!

地震は起きないかもしれません。住まいは倒壊しないかもしれません。ですが、不安に日々を過ごすより、万が一の時に備えてしっかりと点検・補強を行い、"安心"して、過ごすことが大切だと私たちは考えています。
当社では、【建築時期】【建物の形】【地盤】【壁や柱の配置】などをもとに、耐震診断を行っております。プロである私たちが、しっかりと点検します。耐震工事についてお悩みの方は、まずは耐震診断をご検討ください。できるだけ費用をかけない工法など、お客様のご要望に合わせてご提案いたします。

診断の流れ

STEP1 お申込み

耐震診断をご希望の方は、お電話もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
診断に必要な事項やお客様のご都合をお聞きし、診断に伺う日時を決定いたします。
TEL:048-836-3855 メールフォーム

STEP2 診断の実施

ご自宅の気になること、不安に感じられていることなどを具体的にお聞きします。分からないことは何でもご相談ください。 そして、耐震に重要な「地盤の固さ」「基礎部分の強度」「壁のバランス」「壁の量」「老朽度」を、床下から屋根裏、家屋内部だけでなく外部からも細かく調査・診断いたします。

STEP3 診断結果の報告書作成

現地調査の結果に基づき、報告書を作成いたします。

STEP4 結果報告

正式な診断結果が出ましたら、ご報告いたします。急を要するもの、気を付けた方がよいもの、安全なものを丁寧にご理解いただけるまでご説明いたします。耐震のアドバイスもいたします。ご希望であれば、工事のお見積りやご提案もさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

助成金や補助金を有効活用しましょうLet's make effective use of subsidies and subsidies

地震災害に備え、耐震診断・耐震リフォームにおいて助成金(補助金)制度を設けている自治体が多くあります。各自治体により助成金を受けられる条件や助成金額等は様々ですが、条件によっては最大200万円程度の助成金が出る場合もあります。ご自宅の耐震診断やリフォームをお考えの方は、ぜひこの制度を積極的に活用されてください。また、助成金制度の他に減税や部分的な補助制度などもございます(併用は不可)。申請をご希望される際は、"申請の条件を満たしているか""どの制度の活用が一番お得であるのか"など、詳細を各自治体にご確認ください。


株式会社川添産業

〒336-0022
埼玉県さいたま市南区白幡3-5-2
TEL:048-836-3855
FAX:048-836-3845